お知らせ

当院での新型コロナウイルス感染対策

新型コロナウイルスは、潜伏期間が長く、感染力が高いという特徴があります。
当院では、たとえ患者さん・医師・職員が感染を生じていたとしても、
「うつらない」、「うつさない」という方針とし、以下の感染対策を実施しております。

1.訪問診療時感染対策
1)すべての患者さんへの対応
・標準予防策に加えて、飛沫・接触予防策を行う。
・医師はマスクとゴーグルの着用、診療前後の手指・診療機器の消毒を行う。
・患者さんご家族にも、マスク着用をお願いする。
・飲食や過度な雑談などは避け、滞在時間が長くならないようにする。

2)発熱、疑似症患者さんへの対応
・呼吸器症状がある患者では、マスク着用と部屋の換気をお願いする。
・中リスク患者では、N95マスクを装着する。
・吸引や検体採取時や高リスク患者では、N95マスク、長袖ガウン、手袋を装着する。
・訪問時の持ち込み機材は、退出後に消毒・廃棄する。

2.院内感染対策
1)出勤停止基準の設定
・37.5度以上の発熱や感冒症状の場合は、濃厚接触者の濃厚接触者などは、PCRを実施する。

2)職員間濃厚接触の回避
・全職員、常時サージカルマスク着用とする。
・入室時、共有備品接触前後、手指消毒を徹底する。
・飲食は2m以上距離を開け、マスク未着用時は発語しない。
・CO2モニター650ppm以下を目標とし、換気を頻回に行う。

3)時差出勤、車出勤、在宅勤務
・満員電車を回避するために、可能な限り、時差出勤や車出勤を行う。
・在宅勤務が可能な場合や必要な場合は、在宅勤務に切り替える。

3.検査体制
1)抗原検査
・無症状時の偽陰性率が6割程度と、陰性確認には使用できない。
・当院で実施は可能だが、上記理由から原則実施を推奨しない。

2)PCR/TMA検査
・民間検査会社(FALCO)に検査を依頼しており、結果判明に1~2日要する。
・唾液または鼻腔ぬぐい液を検体とする。
・濃厚接触に該当しない訪問診療中の患者さんのみを対象とする。

以上